ご提供サービス

What We Do

NAViS は国際経験が豊富な会計事務所として、外資系企業の日本進出および日系企業の海外進出を支援いたします。企業が現在直面している課題を乗り越え、新しいビジネス機会を創出しつつ発展をとげていくために、よきアドバイザーとしてお役に立ちたいと切に願っています。

日本への新規進出支援から
アウトソーシングまで

  

日本市場でビジネスを展開するにあたっては、税務や規制・商習慣の知識に通じていることはもとより、 具体的な 実践の過程で遭遇するかもしれない不測の障害に適切対応できる態勢を備えておくことが極めて重要です。日本市場での経験や能力・リソースを備えているプロフェッショナルとして、NAViS は貴社の日本市場でのビジネスを成功に導くためにサポート致します。日本子会社を新設する、あるいは日本の移転価格税制へ対処しなければならないなど貴社が直面する様々な課題を解決し、さらには新たなビジネス機会を創出するために徹底的にサポートいたします。

NAViS は貴社のグローバル化
を支援します

  

内需の縮小にともない成長の活路を海外に見出す企業が増加しています。言語や慣習・法制度が異なる諸外国で新たにビジネスを展開することはハードルが高く、特に中堅・中小企業にとって海外市場への進出は容易なことではありません。国際会計事務所としてNAViSは日系企業の海外進出を支援しています。海外進出時のリサーチや現地企業の買収時の支援、継続的な税務・会計・労務などの側面支援を行っています。

インバウンドサービス 
 

フィージビリティスタディ:

新たな市場、特に外国のマーケットでのビジネス展開または投資の実行を意思決定する前に、当該市場について十分な見識を得ておく必要があるのは言うまでもありません。フィージビリティスタディは貴社のビジネスプランが実行する価値があるかどうかを見極めるために実施される事前調査です。調査の内容は、対象とする産業や、貴社プロジェクトにおける重要指標、貴社の調査予算などに応じて様々です。NAViSは貴社のビジネス上の課題を理解することに重点を置いています。そうすることで適切なソリューションと専門的知識を提供し、貴社が本当に必要としている情報にアクセスすることができると考えています。


投資ストラクチャー:

投資効率性を最大化しリスクを最小化するビジネスおよび投資のストラクチャーを考案することは極めて重要な検討事項になります。経営権の確保や税務コストが最も効率的な資金供給など検討項目は多岐に渡ります。私たちは貴社とコミュニケーションを密にし最適なソリューションを考案いたします。


拠点設立支援:

日本への投資意思決定後に株式会社などのエンティティを設立することになりますが、その際には会社自治を定める定款を作成し登記局に提出する、税務当局に会社を設立した旨の届出を行うなど、所轄官庁へ様々な届出を行う必要があります。また、業種によっては営業許可を当局から取得する必要があります。そのほか、本国から駐在員を派遣する際には日本での就労ビザの取得が必要になりますし、日本で従業員を採用する場合には、社会保険事務所へ届出が必要になるなど、様々な事務手続きがあります。貴社の貴重なリソースをそのような管理業務ではなくよりハイレベルな経営マターに注力していただくために、NAViSではそれら各種届出を貴社に代わって代行致します。


アウトソーシング:

NAViSは、日常的なルーティンワークを代行いたします。これにより貴社は本来のコア業務に専念することができます。NAViSでは会計記帳、給与計算、税務申告など、様々なアウトソーシングサービスを提供しています。


アドバイザリーサービス:

日常のビジネスを遂行していくうえでプロフェッショナルからの適切なアドバイスを継続的に受けることはビジネスを成功させる上で極めて重要です。NAViSでは様々なアドバイザリーサービスを提供しています。私たちのプロフェッショナルがひとつのストロングチームとして貴社の対応を務めさせていただきます。


内部監査サポート:

企業に重大な影響を与える不正取引が増えており内部監査の重要性が高まっています。しかしながら多くの組織では、複雑性が増している今日の企業活動を監査するうえで必要となる内部監査の技術的スキルやマンパワーが不足しています。特に本社からの内部監査チームが言葉や規制・慣習が異なる 海外子会社で内部監査を実施することは困難を伴います。内部および外部監査の経験が豊富な私たちのバイリンガル・プロフェッショナルが貴社の内部監査チームに合流し、日本子会社の内部監査の実施を支援いたします。


財務及び税務デューデリジェンス:

企業買収には大きな利点がある一方、予期しないリスクがもたらされることがあります。リスクを最小化するために実施される買収前のデューデリジェンス(調査)、買収交渉の破談に繋がる重大なリスク(ディールブレイカー)の有無を確かめるのみではなく、買収価格に影響を与える重要なリスクがないかどうか検証することになります。

アウトバウンドサービス
 

海外進出コンサルティング:

海外市場に活路を見出すにあたって当該地国のマーケットを十分理解し、貴社の事業展開について戦略を立案することが出発点になります。NAViSの海外ネットワークを通じて現地のマーケットリサーチ・海外事業戦略の立案を支援いたします。


海外M&A支援:

日本国内市場が縮小し海外市場に活路を見出す企業が急増するなか、「時間を買う」という観点から現地企業を買収する方法で海外に進出する事例が増加しています。しかしながら、国をまたぐクロスボーダーのM&Aは、言語・文化・慣習・法制度等が異なることから、一般的にその難易度は高いとされています。NAViSでは現地のプロフェッショナルとともに海外M&Aを支援します。


日本本社向けアドバイザリー:

NAViS では国際税務会計に特化したセカンド顧問を提供しています。

貴社の国際取引に関する会計・税務・労務に関連する日常的な相談に対処致します。

NAViSは世界155ヶ国以上に拠点を有する会計法務の国際ネットワーク IR Global の Exclusive Member です。

各国のメンバーファームと連携し、グローバル化・複雑化するクライアントのニーズにお応えします。

NAViS is exclusive member of IR Global, a worldwide professional services network that provides legal and accountancy advice to companies and individuals across 155+ jurisdictions. Our members work closely with each other to create the very best client solutions.

© 2020 by Navis Consulting Co., Ltd.